sb_top01.png
accident.png
sports_scratch.png
insole_o.png
nail_m.png
sbhd_menu.png

マッサージ

ariga_bshd_logo01.png
massage_01.jpg

あなたは不思議に思ったことはありませんか?

 

なぜ、マッサージしてもすぐに疲れがたまってしまうのか?

なぜ、マッサージしても次の週には元に戻ってしまうのか?

なぜ、マッサージしても体の深い部分の疲れが取れないのか?

massage_02.jpg

お金を払ってマッサージをしてもらっても満足いかなかった、そして、帰りの車で「自分でマッサージしたほうが気持ちよかった」、「お金を払ったのに、なんか損した気分」、「値段が安いから仕方ないのか、、、」など、

 

もしあなたが、こんな経験をしたことがあるのなら、ありが接骨院のマッサージはあなたにぴったりでしょう。

massage_03.jpg

それは、全てを治療家に任せたからではないでしょうか?

 

想像してみてください。あなたは背中が“かゆい”ときに旦那さんに「背中をかいて」って言いますよね。

 

そして「右・・右・・違う、違う、もっと上・・もっと上・・あーそこそこ」と言いながら、“かゆい”ところをしっかりかいてもらってはじめて満足すると思います。

 

旦那さんに「背中をかいて」と言って全てを旦那さんに任せてたらどうなるでしょうか?“かゆい”ところをかいてもらえないまま終ってしまう可能性がありますよね。

 

それではあなたが満足することは決してないはずです。

コレと同じことがマッサージでもおこっているのです。

massage_05.jpg
massage_04.jpg

あなたが今までに経験したマッサージは治療家主導ではなかったでしょうか?

 

たしかに治療家は体のことをしっかり勉強しているので、どうマッサージしらた満足してもらえるかは分かっているでしょう。

 

でも、肝心のどこをどのくらいマッサージしたら満足できるかって事はお客さんにしか分からないことですよね。

マッサージ前に「今日はどこがお疲れですか」、「強さはコレぐらいで良いですか」などなど、治療家と会話するといったらコレくらいでしょう。

 

後は全て治療家にお任せする、結果途中で「もっとココを強く」とか「もうそこはいいので、次の場所を」なんて事は、なかなかいえないと思います。

massage_07.jpg
massage_08.jpg

もし、あなたが旦那さんに背中をかいてもらうときのように、

 

「右・・右・・違う、違う、もっと上・・もっと上・・あーそこそこ」と、

 

治療家にドンドン注文できるマッサージなら、満足できそうではないですか?

 

ありが接骨院では、あなたからの注文を全て受け付けます。ですからあなたは「もっと肩の内側を強めに」、「そこは、気持ちよくないので違う場所にして」のように遠慮なく注文してください。

 

あなたが遠慮がちでなかなかそういうことは言えないって時は、マッサージ中に僕のほうから「ココで良いですか?」、「もっと強くしましょうか」、と常にお客さん主導になるように聞くようにしています。

 

完全予約制なので、院内には他のお客さんはいませんので安心してください。気を使うことなく遠慮なく大きな声で注文できますよ。

massage_09.jpg
massage_06.jpg

ありが接骨院のマッサージを受けてみたいと思ったら、

tel_arigabs.png

まで電話をして、

 

「マッサージを予約したい」と言ってください。

 

空き状況を確認して日程を調整させていただきます。

massage_p.jpg